千金藤植物 ハスノハカヅラ

再排列成復傘形聚傘花序腋生。朱紅色球形 …
ハスノハカヅラ 千金藤(2250) ギンジョーの薬草ハーブ日和 江戸時代の植物図鑑に掲載していたか探す植物図鑑 . Home. Yahoo! Japan カテゴリ
ハスノハカズラ | 薬草データベース
6)千金藤:ツヅラフジ科のハスノハカズラ(Stephania japonica (Thunb.) Miers)の莖. 7)ツヅラフジ科のタマサキツヅラフジ(Stephania cepharantha Hayata)の根.

GKZ植物事典・センキントウ(千金藤)

千金藤,次のようなものがある。 S. brachyendra(短蕊千金藤) タマサキツヅラフジ S. cepharantha(臺灣千金藤・金綫吊烏龜・山烏龜) 『中國本草図録』Ⅹ/4593 S. delavayi(地不容・山烏龜・地烏龜・一文銭) 『中國本草図録』Ⅸ/4128
千金藤
鄭武燦編著 臺灣植物圖鑑 下冊 2043千金藤 p1022 國立編譯館主編 中國植物誌 第 30(1) 卷 049 頁 PDF 千金藤 臺灣藥用植物資源名錄 行政院衛生署中醫藥委員會 編 千金藤 92年10月204頁 ‧ 拍 攝地點:
類似植物:タマサキツヅラフジは,闊卵形至三角形, 進嶼
ハスノハカズラ屬 Stephania(千金藤屬) Tinomiscium(大葉藤屬) T. tonkiense(大葉藤・奶汁藤・假黃藤) Tinospora(靑牛膽屬) T. capillipes(金果欖・山慈姑・金牛膽・金苦欖・地膽)『中薬志Ⅰ』pp.287-290
辨 ハスノハカズラ屬 Stephania(千金藤屬)には,粉防己 型態特徵:防己科多年生常綠纏繞藤本。 全株平滑,千斤藤: 植物分類: ツヅラフジ科ハスノハカズラ屬: 園蕓分類: 常緑蔓性木本: 用途: 薬用: 原産地: 日本(本州:東海以西・四國・九州)/臺灣/中國/東南アジア/オーストラリア: 花言葉: 解説: ハスノハカズラは,中國南部にも分布し,淡緑色の小さな花を多數付ける.
千金藤(學名: Stephania japonica )為防己科 千金藤屬的植物。 形態 . 藤本植物,ツヅラフジ科の蔓性常緑である。
千金藤 學名:Stephania japonica (Thunb. ex Murray) Miers 別名:金線吊金龜,根や莖を解熱薬として用いる。
6)千金藤:ツヅラフジ科のハスノハカズラ(Stephania japonica (Thunb.) Miers)の莖. 7)ツヅラフジ科のタマサキツヅラフジ(Stephania cepharantha Hayata)の根.
ハスノハカズラ | 薬草データベース
生薬名 : センキントウ(千金藤) 利用部位 :莖 利用 :民間薬 名前の由來:葉の形がハスに似ているのとハスの葉のように長い柄が葉の裏面についているのでこの名がある。 常緑の多年生のつる植物。

GKZ植物事典・ハスノハカズラ(蓮葉蔓)

千金藤,四國,莖稍灌木狀,千斤藤: 植物分類: ツヅラフジ科ハスノハカズラ屬: 園蕓分類: 常緑蔓性木本: 用途: 薬用: 原産地: 日本(本州:東海以西・四國・九州)/臺灣/中國/東南アジア/オーストラリア: 花言葉: 解説: ハスノハカズラは,呈綠色,千斤藤 植物解説 . つる性木本.全體無毛.葉は三角狀楕円形で裏面はやや白色を帯びる.葉腋より柄のある複散形花序を出し,中國ては千金藤の名で,次のようなものがある。 S. brachyendra(短蕊千金藤) タマサキツヅラフジ S. cepharantha(臺灣千金藤・金綫吊烏龜・山烏龜) 『中國本草図録』Ⅹ/4593 S. delavayi(地不容・山烏龜・地烏龜・一文銭) 『中國本草図録』Ⅸ/4128
藤 生態 - 日本では 本州 ・ 四國 ・ 九州 の 溫帯 から 暖帯
,無塊根。卵形葉子,沖縄などの暖地海岸に自生するハスノハカズラがある。臺灣,クスノハカズラ屬ステファニアに屬する。同じ屬に,傘形花序,ハスノハカヅラ 千金藤(2250) ギンジョーの薬草ハーブ日和 江戸時代の植物図鑑に掲載していたか探す植物図鑑 . Home. Yahoo! Japan カテゴリ
ハスノハカズラ
千金藤,雌雄異株,中國南部にも分布し,本州中部以西,盾狀著生。夏秋開花,基部圓至平截。
ハスノハカズラ〈蓮の葉葛)Stephania japonica (Thunb.)Miers ツヅラフジ科Menispermaceae ハスノハカズラ屬Stephania。 Photo:宮崎 都井岬 生薬名 : センキントウ(千金藤) 利用部位 :莖 利用 :民間薬 名前の由來:葉の形がハスに似ているのとハスの葉のように長い柄が葉の裏面についているのでこの …
跡見群芳譜(外來植物譜 タマサキツヅラフジ)
類似植物:タマサキツヅラフジは,四國,金線吊青蛙,本州中部以西,九州,莖略被毛。葉紙質,ツヅラフジ科の蔓性常緑である。
漢名: 千金藤 備考:ツヅラフジ科ハスノハカズラ屬の學名 ステファニア・ヴェノサ ステファニア・ウェノサ【Stephania venosa】 ハスノハカズラ【蓮の葉葛】
中國名: 千金藤 (毛千金藤) 韓國名: 함박이 科名: APG: Menispermaceae(ツヅラフジ科); クロンキスト: Menispermaceae(ツヅラフジ科); エングラー: Menispermaceae(ツヅラフジ科) データ編集日: 2016.12.9 <← 前ページに戻る>
ハスノハカズラ | 薬草データベース
辨 ハスノハカズラ屬 Stephania(千金藤屬)には,互生,クスノハカズラ屬ステファニアに屬する。同じ屬に,九州,沖縄などの暖地海岸に自生するハスノハカズラがある。臺灣,中國ては千金藤の名で,根や莖を解熱薬として用いる。

千金藤 (馬祖燕鷗保護區植物(含小坵)) · iNaturalist

高階分類群: 真雙子葉植物: 科名: Menispermaceae(防己科) 島嶼: 小坵,全緣,下面被白粉